ダンボール基礎知識

ダンボールの構造

ライナーについて
ライナーとは、ダンボールの表面と裏面に使われる紙素材のことです。強度によって、D4, C5, K5, K6, K7等のタイプがあり、右に行くほど丈夫になります。
使用用途によって、適切な、ライナーが異なりますので、詳しいことはお気軽にお問い合せいただければと思います。
中芯とは
ダンボールの中にある波状の部分を中芯といいます。一般的に中芯として使用されるのは、120gの紙(一平方メートルあたりのグラム数)ですが、使用用途によって、160g, 180g, 200gなどの強化タイプもあります。

フルートについて

中芯の高さのことを、フルートといいます。段ボールの種類は、30センチメートル内に、波(フルート)がいくつあるかで、次のような種類に分けられます。

Aフルート(厚さが5ミリの段ボール)
段が高いので緩衝性(柔らかさ)を持ち、垂直方向への加圧に強く、箱の積み上げにも強いです。一般的な外装箱に一番多く使われています。
Bフルート(厚さが3ミリの段ボール)
段が低いので平面的な衝撃に強いです。瓶詰商品や割れ物商品の内装箱に多く使われています。
Wフルート(厚さが8ミリの段ボールで、AとBを合わせたもの)
AフルートとBフルートを組み合わせて、強度を増したものです。主に凸凹の多い物や重量物、緩衝性の必要な物に適しています。重いものや貿易物に使われています。
Eフルート(厚さが1.5ミリの段ボール)
強度は弱くなりますが、緩衝性に優れており、垂直方向への加圧に強く、箱の積み上げにも強いです。切断面も美しく、表面が平滑なので、高度な表面印刷が可能です。

カネヤマの段ボールの特徴

主に、株式会社カネヤマで取り扱っている、ダンボールは「複々両面段ボール」と呼ばれているもので、波状に成形された3つの中芯を使用して作った、強化段ボールです。成形した中芯を主体にしており、トリプルまたはトリ(try)ウォール(3つの壁)と呼んでいます。複両面段ボールよりもさらに強い構造体で、箱として使用される場合の主な用途は、今まで木箱で包装されていた重量物の包装に木箱に代わる包装材料として多用されています。

梱包物や、使用用途、運送経路等によってお客様の商品を包むのに、一番適した段ボールをご提案させて頂きます。

まずは、カネヤマにお問い合せ下さい。お客様のお困りごとを教えてください。カネヤマはお客様のお困りごとを長年の経験と、実績で最適なご提案をさせて頂きます。